toggle
2021-12-31

2021年末のご挨拶

2021年の幕が閉じようとしています。

最終週のヨガクラスでは、インドの12ヶ月の季節の変化に沿った「太陽礼拝」の12のポーズを行いました。生きものがどこかで命を終えることによって、また別の場所で生が生じ、食物は、育ち、実り、枯れ、種子を放つことを繰り返します。死や老いといった目を背けがちな闇も、時として味わい、受け止めることをしていきたいです。また、日常の中で自分の中に湧いてきた悲しみや怒りや滞りの感情に蓋をせずに承認してあげることもまた古くから勧められている知恵です。比較的好ましいとされる、喜びや楽しさ、愉快さにも、溺れることなく。

頭の中で不安を巨大化して怯えるよりも、恐れていることの大きさをそのままに見つめて「そうなんだね」と点を置いてあげると、もしかしたら、自分はそんなことでは壊れないと分かるかもしれません。

この2年間で、人と会ったり、偶発的な出来事に遭遇する機会が減った分、頭の中の世界が悶々と広がりやすくなったように感じています。

ヨガのプラクティスには、身体、呼吸、イメージに集中し、心のざわめきを静かにする作用があります。

その人その人に合った最適化法を用いたヨガで、変わりゆく世界の中で、持続可能な生き方を探るお手伝いをしていきたいです。

本年もありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

追伸:ヨガクラスに通ってくださった方へ12月に2通のお知らせメールをお送りしました。システムを変更したため、迷惑メールフォルダに入ってしまっている方もいるそうです。受信できていない方は、恐れ入りますが迷惑メールフォルダをご確認ください。


以下は、森下のヨガ教室アートト 2021年の振り返りです。

女性のためのヨガ・土日朝ヨガ

定番のヨガクラスです。森下でヨガ教室をはじめて5年半になりますが、みなさんの姿から「続けることの大切さ」を実感しています。着実に成長されているみなさんに応えられるよう、私も切磋琢磨していきます。

8月にアンケートにご協力いただきました。感染予防に関わらず、オンライン/対面振替可能の利便性があると感じましたのでこの形で続けていこうと思います。引越しをしても続けてくださる方もいらして嬉しいです。

「呼吸について」「身体の上手な使い方」「更年期」について詳しく知りたいという方が多かったので、2022年は講座も開講します。解剖学的な身体理解と東洋的な身体の知恵をわたしなりに読み解き、ヨガの練習のみならず生活の中で役に立つ内容をお伝えしたいと考えています。

産後ママヨガ

子ども同室の産後ママヨガは、残念ながら10月で一旦クローズとなりました。このクラスで出会ったお母さんが、第二子妊娠を機にヨガを再開してくださったり、女性のためのヨガ、土日朝ヨガに参加していただいています。ご縁を大切に、お母さん達が「ふと返ることができる場所」でありたいと思います。

10代前半の子どものためのヨガ

パーソナルヨガを思春期の子どもに。ヨガの経験が子どもの将来の選択肢を広げるための役割を担えるのでは、と考えています。

特に、習い事等で特定のスポーツを幼少期から継続的に行っている子どもにとって、思いの外、怪我のリスクが高いようです。2020年より、競技の身体の使い方の特徴や生活様式、性格を理解しながら、主に体幹や呼吸を意識した運動指導を行いました。

私は小学生向けのキッズヨガの講師を6年間してきました。集団でコミュニケーションを大切にした小学校低学年向けのキッズヨガから、個々人の状況に合わせて対話しながらすすめるパーソナルヨガへ。個人差はありますが10歳頃が節目になると出会ってきた子ども達の成長を拝見しながら感じています。「すべきこと」が多い現代の子どもにとって「自分との付き合い方」を学ぶ機会は今後益々必要になるのではと思います。勉強しながら今後も続けていきたい課題です。

カラダほぐし・個人レッスン

マンツーマンで行う「カラダほぐし」と「個人レッスン」は、年末最後の最後までお申し込みをいただきました。わたし自身が時間をかけて身につけてきた手技を用いて、お一人お一人と丁寧に向き合います。

「終わったら身体が軽くなりました」「話を聞いてもらおうと思ってきました」という声が多く嬉しかったです。30分のカラダほぐしでは「今のあなたにピッタリのセルフケアのご紹介」が好評でした。傾聴という言葉がありますが、ご自身で答えを見つけることができるよう自立した関係性を探っています。また、骨格の特徴がある方や自律神経系の不調を抱えている方々へのサポートをより充実させるため、新たな勉強をはじめています。

5min .yoga.artto

インスタグラムでお試しに行っている5min.yoga.artto は、在宅勤務や産後のお母さん方が気楽に身体を動かすことができるツールとして配信してきました。また、沖ヨガの「生活業特集」では、ヨガ的な生活の知恵をお伝えしました。2022年はもう少し配信を増やしていきたいと考えています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。